中古スマホを購入する前に知っておきたいこと

中古スマホ販売店比較 » これだけは覚えておけ! 失敗しないための中古スマホ購入マニュアル » 赤ロムに注意!白ロムを買うべし

赤ロムに注意!白ロムを買うべし

中古スマホを購入するときに最低限知っておきたい知識

中古スマホを買う際に最低限知っておきたいのが、白ロム、赤ロムの基礎知識。これをきちんと理解してからでないと痛い目に合うのでここでくわしく紹介します。店頭での端末チェックポイントも参考にしてみてください。

「白ロム」はSIMカードを抜いた状態の端末

白ロム
引用元:イオシス(https://iosys.co.jp/pages/shirorom)

中古スマホを購入する際、必ず耳にするのが「白ロム」、「赤ロム」という言葉です。白ロムは、「SIMカードが挿入されておらず、電話番号が登録されていない端末」のことを言います。つまり、SIMカードの対応機種からSIMカードを抜いた状態です。このような、SIMカードが入っていない端末は、新品、中古品、新古品などの状態に関わらず、すべて白ロムとして扱われています。

中古販売店で売られているのは白ロム端末

中古スマホの販売店では、白ロムの端末を取り扱っています。ただし、原則として同じキャリア同士でないと使えません。キャリアごとの縛りがあるため、異なるキャリアの中古端末を利用するためにはSIMロック解除の手続きを行う必要があるのですが、中古端末のSIMロックを解除できるのはauの端末のみとなります。docomoとSoftbankの場合は自分でSIMロックの解除をするのはほぼ不可能なので覚えておきましょう。

赤ロム端末に要注意!

白ロム端末はすべて安全とは言えません。例えば、犯罪行為のために利用した端末や、不正に契約した端末、支払いが滞った端末などは、キャリアが利用停止(ロックをかけている)にしている可能性があります。このような「訳あり」の端末を「赤ロム」と言います。

赤ロムの条件

  1.  盗難品なんらかの事情により盗難された端末。警察に被害届が出されている場合や、キャリアが盗難されたことを把握している場合は、端末にロックがかかります。
  2.  不正契約偽造の身分証明書を使って契約した端末。このことが発覚した場合、端末はロックされて利用停止となります。
  3.  代金未払いの端末。最も多いのがこの赤ロムです。分割購入した端末の支払いが滞り、キャリアがロックをかけています。赤ロム端末になるとSIMカードを入れても通信できません。オークションなどでは赤ロム端末が売られているケースがあり、実際に赤ロム端末を買ってしまう人もいるので注意が必要です。

赤ロム端末はキャリアのサイトで判別可能

スマートフォンには1台ごとにIME番号と言う固有の番号が割り当てられています。赤ロム端末では、このIME番号を使用して制限をかけます。
大手キャリアのサイトでは、赤ロム端末の情報が公開されています。端末の「IME番号(製造番号)」または「MEID(14ケタ)」または「製造番号(15ケタ」の数字で検索すれば、検索時点で赤ロム端末になっているかを判別することが可能です。

赤ロム端末を確認できるキャリアサイト

Sodtbank

https://www.softbank.jp/
mobile/support/3g/restriction/

docomo

http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php 

au

https://my.au.com/cmn/
WCV009001/WCE009001.hc

白ロムを確実に購入するために

引用元:イオシス(https://iosys.co.jp/pages/shirorom)

店舗であれば、その場でSIMカードを挿入して通信操作ができるかどうかを確認できますし、ロックの制限も確認可能です。また、上記のサイトで赤ロムでないことが確認できたとしても、元の所有者が支払いをやめたら赤ロムになる可能性があります。そのため、中古スマホを購入する際は、必ず「赤ロム保証」を設けている店舗を利用するのが鉄則です。

実録!僕が中古スマホを安く手に入れた方法 中古スマホを買うならココ!おすすめショップリスト